FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂のお勧めポイント

小坂の見どころ、味どころ、体験などのお勧めポイントを随時紹介しますので
小坂でのスケジュールの参考にして下さい

お勧めポイント3
スポンサーサイト

湯屋温泉 寒粥祭り

本日、湯屋の富士神社で寒粥祭りがありました
湯屋温泉は、炭酸含有量が非常に多く、飲めば胃腸に効くと親しまれ、この鉱泉で炊いたお粥を寒中に食べると、一年間無病息災であると言い伝えられています
温泉街にある富士神社では、20年ほど前から寒に入った最初の日曜日に「寒粥まつり」が行われ、参拝者に湯屋温泉名物の鉱泉粥と甘酒が振る舞われます
また、鉱泉粥は、現在では各旅館で1年中出しています。

DSC03017.jpg

地元炭酸線で炊いた鉱泉粥

DSC03029.jpg

右側が甘酒、左側が鉱泉粥

DSC03025.jpg

お祓いの順番待ちの間、鉱泉粥と甘酒を頂きます

DSC03024.jpg

冬の滝巡り

2/5日(土)・2/6日(日)2日間でかんじきを作って、神秘的な冬の滝巡りのモニターを募集しております

img025.jpg

今回かんじきを使っての滝巡りの下見に関係者8人で行ってきました

まず濁河まで車で1時間ちょっとで濁河温泉、湯ノ谷荘にに到着・・・さすが標高1800m積雪は1m前後
湯ノ谷荘から登山口入り口の橋までは、1回除雪が入ったかで、楽に歩く事が出来ました

DSC02991.jpg

橋を越えたら、その先は積雪1m手作りの、和かんじきを履いての道作りです

DSC03015.jpg

今回、滝ガイドの方3名同行して頂き、先頭をラッセル(雪を踏み固めて道を作る)しながら目指すは仙人の滝
今日の気温は-6℃と比較的暖かく、かえって汗ばんでしまい、途中1枚脱ぎました

DSC03010.jpg

DSC03011.jpg

夏だと仙人の滝までは15分ほどで行けますが、道を作りながらの為1時間程掛かって仙人滝に到着です
滝は殆ど氷柱に覆われ、滝壺がかろうじて滝の水しぶきを見る事が出来ました
とても神秘的な冬の滝を見る事が出来ました

DSC02998.jpg

夏の仙人滝

仙人滝2

神秘的な滝を見ながら、雪を溶かしてのティータイム、これが又美味しい

DSC03002.jpg

帰り道は30分程度で帰って来る事が出来ました
丁度お昼時、湯ノ谷荘さんでご飯を食べさせて頂き、今回は温泉には入らず帰って来ました

かんじきを作って、神秘的な滝巡りまだ若干募集しております
是非冬の滝巡り参加してみて下さい

お問い合わせ・申し込み

ぬちぐすいワンズ 052-243-2606 













1月3日 がんだて公園の様子

今年は、暖冬です、今日現在小坂及び下呂市内・・・高山も国道41号線雪は無いです
がんだて公園も駐車場には雪はありませんが、一の鳥居からがんだてまでの市道が、日当たりが悪いので
多少残雪があり滑りやすくなっています


DSC02897.jpg

DSC02889.jpg

DSC02891.jpg

DSC02893.jpg

新年明けましておめでとうございます

          新年明けましておめでとうございます

2011年飛騨小坂ふれあいの森キャンプ場を拠点として、小坂の滝巡り、小坂の観光及び下呂市の観光をしてみてはいかがでしょうか 是非、遊びに来て下さい

       今年は、小坂に来てお勧め1泊コースメニュー、2泊コースメニューなど考えブログ、
       ふれあいの森HP等で、今後ご紹介しますのでご利用下さい

       今年も、下呂市小坂町に是非お越しくださいますようお願い申し上げます。


       ふれあいの森HP http://www.hida-fureai.com/
プロフィール

team-GANDATE

Author:team-GANDATE
今日もどこかで小坂の魅力を探しているよ。五人集まれば文殊の知恵。
みんなで紡ぐ小坂の未来。

~動画配信中~
小坂スタイル活動中!(動画)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。