FC2ブログ

神秘的な景色

あけましておめでとうございます。
今年も 小坂の楽しみを体験しながら 紹介していきたいと思います。

まずは

1月1日
がんだて詣でに行ってきました。
ホームページ フェイスブックより発信したこの企画 来てくれる人がいるだろうか
半信半疑でしたが 若いガイドさんが けんちん汁を作ってきてくれ
年輩のガイドさんが おせちを手作りし 私も漬物を準備し お客様を待ちました。
朝早くから 遊歩道や 牛のはなづらを除雪する人 がんだてに賽銭箱を置き
回りを飾り人 手早い準備でその時を待ちました。

sinpi3.jpg
sinpi4.jpg


10時過ぎ 車が登ってきて 聞いてみると ホームページを見て 長野からやってきたというご夫婦でした。
三ツ滝はまでは あいにく昨年暮れの落石で行けませんでしたが 付近まで散策され 案内所で休んでもらいました。案内所は宴会ムードで あちこちで進められる郷土食を味わいとても喜んで帰られました。
その後 ぞくぞく?とはいきませんでしたが 町内の方が 来たよと 立ち寄ってくれ 滝めぐりの楽しみや 今年の抱負を語ったりと話に花が咲きました。
来年はもっと準備をしてたくさんの方に来て頂こうと決意をあらたにしたがいどの皆さんでしたよ

sinpi5.jpg


1月2日
昨日は 車でがんだてまで行ったため 少々罪悪感があり 歩いてみました。
一の鳥居から 雪がちらほら降り始め 回りの音もなく ザクザクという足音を聞きながら 遊歩道を歩きました。
全てが眠っているかのようで 自分の存在しか感じられない場所を歩くと
見る全てのものが神秘的にみえ 今まで何度も通っていた場所がそうでない気がして
何て素晴らしいところにいるんだろうと嬉しくなりました。

途中の 柱状節理の岩肌の中に ぽっかりと 熊が寝ていそうなくらいの穴を発見!

sinpi1.jpg


歩かないとわからないこともあるんだと 改めて思い 他にも何かないか 目を皿のようにして 探しました。
雪もどんどん降り始め 山の中だったら遭難しそうな雰囲気になりましたが 一人で歩く楽しさの方が大きかったのです。
がんだて公園につくと 一台の車が
岐阜から来た2人づれで 犬と一緒に遊んでいました。
車が去ると 一気に静寂が訪れます。目を閉じると 風に乗った雪の音を感じました。
がんだての音 静かな中にも自然の音がいくつも聞こえてきました。

sinpi2.jpg


夏もいいけれど 冬の静寂も神秘的でとても心に響きます。
そんながんだてに出掛けてきませんか?

冬の滝めぐりツアーが 開催されます。

<冬の滝めぐり詳細はこちらをごらんください>


ゴッティ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

team-GANDATE

Author:team-GANDATE
今日もどこかで小坂の魅力を探しているよ。五人集まれば文殊の知恵。
みんなで紡ぐ小坂の未来。

~動画配信中~
小坂スタイル活動中!(動画)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR